梨山高冷烏龍茶

ページガイド
HOME » 商品ラインナップ » 梨山高冷烏龍茶

梨山高冷烏龍茶

梨山高冷烏龍茶

下の画像をクリックすると上の大きい画像が切り替わります

  • 梨山高冷烏龍茶
  • 梨山高冷烏龍茶 イメージ
  • 梨山高冷烏龍茶 イメージ
  • 梨山高冷烏龍茶 イメージ
店主のおすすめポイント

大禹嶺高冷烏龍茶と並ぶ、極上茶。
梨山茶の茶畑に向かって行く道中、沢山の梨畑が行けども行けども続きます。茶葉の中に含まれているフルーティな甘みは、この梨畑のお陰です。車で梨山茶畑に向かう途中、梨畑にさしかかると空気が甘くなったのを感じました♪自然の恵みをたっぷりとコロコロの茶葉に詰めて製茶されています。
やはり太陽の恵み、土、水、空気、高山の気がたっぷり!爽やかな茶湯の色、香り、旨味、余韻すべて絶品です。高冷地でお茶作りをしている方々の想いがぎっしり詰まっています。

商品名:
梨山高冷烏龍茶
商品コード:
T005
価格:
1,080~10,692(税込)
ポイント: 50~495 Pt
  • サイズ:
数量:

※大きいサイズでお買い求めの方は、商品をご用意できる場合がございますのでご相談ください。

梨のふるさと、茶の聖地と言えば梨山。森の香りに加え、果樹から発散される香りと果樹肥料を養分にして育つ梨山茶は茶葉の生育環境にとても恵まれています。
とても高貴な香り、天然の梨の香りがします(梨香)。
湯色は爽やかな緑を帯びた色。翠緑。
飲んだ後、口の中に甘みが広がります。渋味や苦みの味は全くありません。
丁寧に淹れると12煎目まで美味しく飲めるお茶です。
高冷茶とは標高2,000m以上で採れる茶のことをさします。標高が高く、昼と夜の寒暖の差が大きい。それにより茶葉に糖分が蓄えられる(植物糖)。この甘さを感じるものが本物の高冷茶と言えます。
梨山高山茶は1995年頃にデビューするやいなや売り切れてしまったという逸話を持っている超人気のお茶。さらに標高が高いところで摘まれるこの高冷茶はそれ以上のプレミアムなお茶といえます!


夏は冷やしてお楽しみください

【水出し冷茶の作り方】
前の夜から茶葉を水に漬けておき(夏は冷蔵庫で保存)
翌日に茶葉をこして冷蔵庫で冷やします。
以上!
とっても簡単ですね!
一晩も待てないというときには、常温で2時間くらいおいておくとじゅうぶん飲み頃になります。
氷を入れてアイスティーの出来あがり。
※水500ccに対して、茶葉3g程度が目安。

基本情報

産地 台湾台中縣&南投縣交界(梨山茶区)
標高 2,000m
摘み取り時期 5月下旬
発酵度 20%
摘み取り方法 手摘み
シチュエーション 心身ともにリラックスしたいときにぴったり!!
美味しい淹れ方
水温 95℃
茶葉の量 茶器の底一面に広がる程度
蒸らし時間 1煎目30~40秒 3煎目以降10~15秒ずつプラスしていく
適している茶器 磁器(蓋碗、茶壺)または紫砂壺

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

買い物カゴ

合計数量:0

商品金額:0円

売れ筋ランキング
第1位
第2位
第3位
第4位
第5位
商品カテゴリー
茶葉
茶器・その他
焼き菓子
ギフト(セット)
営業カレンダー
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

休業日カラー見本=当社休業日となります