中国茶の楽しみ方

ページガイド
HOME » 中国茶の楽しみ方 » 烏龍茶・紅茶の成分と効能

お茶の知識「烏龍茶・紅茶の成分と効能」

中国茶(烏龍茶)や紅茶は、緑茶と異なる成分特徴をもっています。
独特の香りや風味は、茶葉本来の成分が酸化酵素の働きで変化することで作られます。
緑茶は、その製造工程の初期段階(蒸熱/炒熱)で酸化酵素の働きを止めるため、カテキン類の重合(いわゆる合体)はほとんど起こらず、カテキン類は減少しません。
それに対して中国茶(烏龍茶)や紅茶は、酸化酵素の働きにより、茶葉中の成分が変化し、独特の風味・香味が生まれます。また、カテキン類の重合が起こり、カテキン類は減少します。
カテキン類が重合すると、テアフラビン類・テアルビジン類が生まれます。テアフラビン類は、紅茶の重要な水色成分です。紅茶からは現在4種類のテアフラビン類が分離されていて、紅茶に0.3~2%程度存在します。
烏龍茶は発酵度合いが低いので、テアフラビン類は検出されたとしてもごくわずかしかありません。テアルビジン類はテアフラビンと異なり、多くのカテキン類が重合したものです。この重合=重合ポリフェノール(合体ポリフェノール)には烏龍茶特有のポリフェノ-ルが含まれており、これは脂肪の吸収を抑え脂肪分解を促進する働きがあるため、ダイエットによいとされています。近年ではその効果が注目され、健康食品としても飲用され特定保健用食品に認定されるケースもあります(サントリー黒烏龍茶)。また、カフェインが含まれているため利尿作用もあります。

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

中国茶の楽しみ方

買い物カゴ

合計数量:0

商品金額:0円

売れ筋ランキング
第1位
第2位
第3位
第4位
第5位
商品カテゴリー
茶葉
茶器・その他
焼き菓子
ギフト(セット)
営業カレンダー
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

休業日カラー見本=当社休業日となります