中国茶の楽しみ方

ページガイド
HOME » 中国茶の楽しみ方 » 専門用語集

お茶の知識「専門用語集」

茶器

茶盤(ちゃばん/ちゃあぱん:Cha pan)
イメージ

茶芸を行う受け皿のようなもの。茶壺をのせて上からお湯をかけて温めたり、あふれたお湯をこぼしたりするときに使います。

茶壺(ちゃこ/ちゃあふう:Cha hu)
イメージ

日本でいう急須。茶葉を蒸らし、味や香りをしっかり引き出すことができます。陶器製のものはお茶の香りが移っていくので、茶葉ごとに茶壺を換えるのが理想です。

蓋碗(がいわん/がいわん:Gai wan)
イメージ

蓋つきの湯飲み茶碗のような形状。茶葉を入れてそのまま飲むためにも使えます。また、急須の代わりにお茶を淹れることもできます。香りを楽しむ茶葉におすすめの茶器。蓋碗でジャスミン茶を淹れるお点前は見ても楽しめる茶芸です。

茶海(ちゃかい/ちゃあはい:Cha hai)
イメージ

茶壺などで淹れたお茶を、飲用の器に分けるために使う茶器。お茶は最後の一滴にうまさが凝縮しているもの。茶海を使うことで、複数の器に分けたときに均一になる効果があります。

聞香杯(もんこうはい/うぇんしゃんべい:Wen xiang bei)
イメージ

茶の香りを楽しむための器。ここに一旦お茶を注ぎ、飲むための器(品茗杯)に移したあと、聞香杯に残った香りを楽しみます。

品茗杯(ひんめいはい/ぴんみんべい:Pin ming bei)
イメージ

お茶を飲むための器。飲杯・茶杯とも呼ばれます。

杯托(はいたく/べいとう:Bei tuo)
イメージ

日本でいう茶托。

水盂(すいう/しゅえいゆう:Shui yu)
イメージ

お湯を捨てるための入れ物。

茶罐(ちゃかん/ちゃあぐぁん:Cha guan)

茶葉を入れておくための缶。茶葉は湿気により劣化するため、密封性の高い茶罐で保管したいものです。

茶荷(ちゃか/ちゃあはあ:Cha he)

お茶を淹れる前に、茶罐から茶葉を取り出して、一時的に入れておく器。茶葉の状態を確認していただく際にも使用します。

茶則(ちゃそく/ちゃあざあ:Cha ze)

茶罐から茶壺や蓋碗に茶葉を入れる際に利用します。木製・竹製・金属製など様々な素材を利用して作られています。

茶針(ちゃはり/ちゃあぜん:Cha zhen)

茶壺の注ぎ口が詰まった時や、蓋碗でお点前する時などに使います。

茶漏(ちゃろう/ちゃあろう:Cha lou)

茶壺に茶葉を入れる際、口を広くして茶葉がこぼれないようにするための、茶壺の口にあてがう漏斗。木製のものが多い。

茶夾(ちゃきょう/ちゃあじゃあ:Cha jia)

かさの大きい茶葉を茶罐から茶壺や蓋碗に入れる際に利用したり、熱い茶器を扱ったりする時に使用します。

茶匙(ちゃし/ちゃあちぃ:Cha chi)

細長いスプーン状のもの。茶葉を茶罐や茶荷から茶壺や蓋碗に入れるために使用します。茶則と似た使用法をします。

茶葉の分類

緑茶(りょくちゃ/りゅうちゃあ:Lu cha)

摘んだ茶葉を釜煎りし、酸化発酵を止めた『無発酵茶』。日本同様、中国でももっとも一般的な茶葉です。

白茶(しろちゃ/ぱいちゃあ:Bai cha)

若葉や芽を少しだけ発酵させた後、火入れをして茶葉をゆっくり乾燥させた『弱発酵茶』。葉の産毛が白く見えるためこの名前で呼ばれます。

黄茶(きちゃ/ふぁんちゃあ:Huang cha)

緑茶の工程と似ていますが、ある程度乾燥させたあとに高温多湿の場所に放置する『悶黄(もんおう)』という工程が加わります。これにより軽く発酵するため『軽発酵茶』と呼ばれます。

青茶(あおちゃ/ちんちゃあ:Qing cha)

烏龍茶は青茶に分類されます。『半発酵茶』と呼ばれる、発酵の途中で過熱し、発酵を止めたものをさします。

黒茶(くろちゃ:へいちゃあ:Hei cha)

緑茶の工程の後に麹黴(こうじかび)による発酵を行った『後発酵茶』。プーアル茶に代表されるものです。

紅茶(こうちゃ/ほんちゃあ:Hong cha)

緑茶と対照的に最後まで酸化発酵させた『全発酵茶』。『紅湯紅茶』が特色。ミルクや砂糖は用いることなく、茶壺を利用し、そのままストレートで飲むのが一般的です。

お茶のいれ方

グラスでお茶を飲むときに、茶葉を入れる順番によって大きく3つの淹れ方に分けられます。

下投法(したなげほう)

あらかじめグラスに茶葉を入れておき、そこにお湯を注ぐ方法。茶葉に直接お湯を注ぐので温度は一番高くなります。香りを出す淹れ方としてももっとも一般的です。緑茶・白茶・黄茶・青茶向き。

中投法(なかなげほう)

グラスに1/3程度お湯を注いでから茶葉を入れ、しばらく蒸らしてから残りのお湯を注ぎます。産毛が多くついている茶葉は沈みづらいため、ゆっくり沈めて味を引き出すために行います。緑茶・白茶・黄茶向き。

上投法(うえなげほう)

グラスにあらかじめお湯を注いでから、茶葉を入れます。先に茶器に注ぐためお湯の温度が10℃ほど下がります。低めのお湯でおいしくいただけるもの、茶葉が細かくて沈みやすいタイプにピッタリな淹れ方です。緑茶・白茶・黄茶向き。

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

中国茶の楽しみ方

買い物カゴ

合計数量:0

商品金額:0円

売れ筋ランキング
第1位
第2位
第3位
第4位
第5位
商品カテゴリー
茶葉
茶器・その他
焼き菓子
ギフト(セット)
営業カレンダー
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

休業日カラー見本=当社休業日となります